Flying Bunny

旅と外国・古き良きもの・あまいもの

違和感を愛で、個性を楽しむこと

人付き合いをしていく中で、
切っても切れないのが
相手とのちょっとした違和感。

 

 

自分はこう思うのに相手はそう思ってはいない、
自分は強く感じてることを相手は気にも留めてない、
自分は悪として忌み嫌うことが
相手にとってのスタンダードであったり、
あるいはどうでもいいことだったり。

 

 

これは血が繋がっている家族や
心を許す友人や愛する人含む、
すべての人に言えること。

 

 

わたしたちが一人一人違う顔を持つように、
モノの考え方や捉え方だって全く違う。
目に見えるそんな違いは当然のことと捉えるのに、
心の違いは目には見えないがゆえに、
目の前にいる人に対しても
自分と同じ考えを持っているものだとつい思ってしまう。

 

f:id:FlyingBunny:20170521165645j:plain

 

 

 


さてそこからちょっと話飛びますが、
一般人が個人ブログで書く内容というのは、
例えるなら自分のお庭にどんな花を育て、
どんな作物の種を植えるかということに
似ていると思っています。

 

 

なので、
好きに植えて整えているであろう
他人の庭の花や作物に対して、
いちいちそれはおかしいだとか間違ってるとか
こうすべきだとかモラルに反するだとか、
そんなことを言う気には私はなれない。

 

 

 

好きに植えて思うままに育てて、
好きな花を咲かせればよいのです。
飽きたら違う花を植えてもいいし、
庭仕事そのものをやめてもいい。
ましてや周りの目を気にして、
自分の庭を評価してもらいたいがために
好きじゃない花を植える必要はない。

 

 

 

どんなことにもただただ、
自分に正直に。
最優先にするのは
いつも自分の気持ち。

 

 

 


だってこの人生の主人公は、他ならぬ自分。
自分が楽しめない庭仕事に何の意味があるの?

 

 

 

f:id:FlyingBunny:20170521170819j:plain

 

 

 

 

それと同じく他人の人生はその人のもの。
だから他人との違いはそのまま認めて受け入れて、
(悪い言い方に聞こえるかもですが)
その人の好きなようにさせて、
ほうっておけばいいのです。

 

 

 

だってその人の人生にとって
その他の人間はただの脇役なわけで、
その人の幸せはその人にしかわからないのです。
我が子に対してさえ、
私はそのように思っています。

 

 

 

f:id:FlyingBunny:20170521165815j:plain

 先週友人と行ってきたワインのお祭り、昼飲みしてきたの楽しかった♪

 

 

 


これは私の考えですが、
恋愛や友情含め人付き合いというものは、
その人との違いを受け入れ、
可能ならばそれを楽しみ、
さらには愛でることにより、
ふっと浮かび上がる自分のスタイルを
自分自身が理解するために存在しているような気がします。

 

 

そう考えると、
他者との違いすら
ありがたく思えてくるのです。
だって、
自分に気づきを与えてくれる存在ですからね。

 

 

 

これはどんなことにも言える私の好みだけど、
みんな同じなんてつまんない。
私はもっと人の個性を見たいし、
その人独自の考え方を知りたい。

 

 


なんでもいいよ、
みんなと一緒でいいよ、って言ってる人より
こう思うからこれにする、って言う人が好き。
それが自分の好みにフィットするかどうかはまた別の話。

 

 

 

そして自分もそういう人間でありたいので、
私は読む方にどう思われようと、
こうやってたまに
自分の思ったことを心のままに書き連ねるし、
その際の表現をふんわりさせる気もないのです。

 

 

 

 

 

だってここは、つまり私の庭なので。

 

 

 

 

 

 

 

∵ きょうのあまいもの ∵

実家の母の手作りおやつ。
こういうマメさ、私は一生かかっても敵わない。

f:id:FlyingBunny:20170521170141j:plain

 

 

 

 

 

フォローする