Flying Bunny

旅と外国・古き良きもの・あまいもの

白い村・フリヒリアナに行ってきた

前回のつづき。

 


パリから空路でマラガ空港に入り、
そこからバスに乗って
ネルハという街に行くために
マラガのバスターミナルに来ました。

 

f:id:FlyingBunny:20170504162919j:plain

私が目指す白い村・フリヒリアナ
上の地図でいうところの赤いポイント。
マラガからここまでの直通バスがないので、
いったんネルハまで向かうことにしたのです。

 

 

バスターミナルで小一時間ほど待機し、無事乗車。
車窓から見えるコスタ・デル・ソルの海を見て、
いやーーー遠く日本海から地中海まで来たよね・・・
と一人しみじみ。

 

 

 

ひとまずネルハに到着。
そこからバス乗り換えしようかと思ってたけど、
着いたらもうめんどくさくなってしまい、
降り場に止まっていたタクシーに乗り込んじゃいました。
くねくね道をどんどん上がっていくこと10分弱くらい。

 

 

 

 

 

 

白い村フリヒリアナ到着!( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

f:id:FlyingBunny:20170504201331j:plain

 

 

 

 

かわいいぃぃぃぃ!!! 

 

 

 

 

しかし到着当初、少し雨がパラついており、
ひとまずホテルで休憩。

 

 

この日フリヒリアナで泊まったのはこのホテル。

f:id:FlyingBunny:20170504201518j:plain

村の入り口そばにある、
Hotel Viila Frigilianaというとこです。
ツイン素泊まり75ユーロでした。

 

 

予約はBooking.comからやりました。

Booking.com: 1,229,803 hotels worldwide. 118+ million hotel reviews.

 

 

 

スタッフが英語ペラペラで親切。
聞いたことにもちゃんと答えてくれて、
とても心強かったです。
追加料金を支払えば、併設のレストランで食事をとることも可。
バス停やタクシー乗り場にも近く、
とても立地的に便利でしたよ♪

 

 

 

ロビーにあったソファがいい感じ。

f:id:FlyingBunny:20170504201802j:plain

 

 

 

 

お部屋はツインのシングルユース。
小さいバルコニーもあって、白い村の景色も見えました。

f:id:FlyingBunny:20170504202010j:plain

 

 

 


しばし休んでいたら雨がちょうど止んだので、
やっぱ持ってんね( ´ ▽ ` )!と村を散策することに。

 

 

 

 

早速かわいいの発見。

f:id:FlyingBunny:20170504210126j:plain

 

 

 

 

 

白壁にハンギングされた雑貨の彩り!

f:id:FlyingBunny:20170504202714j:plain

 

 

 

 

 

ブルーのドア、赤いお花、石畳。くねくねアイアン。

f:id:FlyingBunny:20170504202812j:plain

 

 

 

 

 

ブルーだけじゃなくて、ライラック色のドアも。

f:id:FlyingBunny:20170504202942j:plain

 

 

 

 

もう、一人でかわいいのつぶやきが止まらない。
側から見たら完全にヤバイ人。
ヤバイ人はピンとくるものを探して、
さらにどんどん路地を歩きます。

 

 

 

 

 

ショップの前にディスプレイされてた動物たち♪

f:id:FlyingBunny:20170504203131j:plain

 

 

 

 

 

床屋さんの看板!色合いとかタイルの感じ!

f:id:FlyingBunny:20170504203213j:plain

 

 

 

 

 

マンホールの蓋(なんていうの?)さえもかわいい。

f:id:FlyingBunny:20170504203402j:plain

 

 

 

 

 

この村の白さとかわいさにすっかり魅了され、
あちこち歩き回りましたが、
小さい村なので1時間もあれば結構回れます。
ゆっくり見ても2時間あればOKかな。

 

 

 

f:id:FlyingBunny:20170504203953j:plain

 

 

 

観光客もそこそこいましたが、
ほぼヨーロッパの方々ばかりで、
日本人はたまたまなのか一人も見かけませんでした。

 

 

旅のはじまりには、
日本人を見かけないくらいでちょうどいいです。

 

パリもそうでしたが、
夕食を済ませて8時を過ぎてもまだ明るく、
8時半を過ぎてようやく暗くなってくるので、
ここの人たちの夜が遅いのも納得でした。

 


7時台のディナーなんて早過ぎな感じなんですよね。
暗くなってからワインと一緒に
ゆーーーっくりと食事を摂る感じ。
本当はこういうのを旅先でやってみたいものですが、
ひとり旅だといかんせん、
夜のお食事が寂しくなりがちです。笑


 

その分、
完璧な自由があるわけですけどね( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

 

 

∵ この日のあまいもの ∵

ヨーグルトとプリンみたいなやつ
どっちも美味しかった♪

f:id:FlyingBunny:20170504205216j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

フォローする